プロフィール
城廻自治会自主防災隊押川 寛 様 城廻自治会自主防災隊大本 潔 様 城廻自治会自主防災隊江上 健 様

更新情報

体験モニターレポート 城廻自治会自主防災隊 様

高低差の問題をクリア。使いやすくて安心。

実際にテストされた結果はいかがでしたか?

江上 様 私たちが住む地域は、ミニ防災拠点として関谷小学校、広域避難場所として清泉女学院が指定されています。これらの間には高低差があり、大きなマンションなども建っていますが、ケンウッドのデジタル簡易無線機を使って実際にテストしてみたところ問題なく無線で情報をやりとりすることができました。例えば鎌倉市役所から防災拠点に安否確認などの重要な情報がもたらされたら、その情報を私たちの手で自治会内に伝達することができますし、逆にこちらの状況や要望を伝えることもできます。この地域が情報面で孤立してしまうことを防げるのです。

大本 様 実は、東日本大震災の発生時、この自治会では私を含め多くの人が帰宅難民になりました。そうなったときに自宅を預かる主婦や高齢者の方でも簡単に使えるトランシーバーであることが重要です。このデジタル簡易無線機は、チャンネルを選択するだけで使えます。さらに、チャンネルをロックし、暗号化することができますから、同様の無線機との混信も防止できます。また、実際に使ってみてバッテリーの減りが少ないことにも驚かされました。これなら停電などの場合でも安心です。

押川 様 本来であれば、ちょっと離れたところにいる人と連絡を取ろうと思えば携帯電話を使いますが、それには通信費がかかります。でもデジタル簡易無線機を使えば通信コストがかからないですね。自治会の活動という観点から見ると、個人の負担をなるべく軽減するという意味で、これも大きなメリットだと思いました。

お客様が採用された製品は、こちらです。UHFデジタル簡易無線機(登録局対応)TCP-D503。手軽に使える「登録局対応」デジタル30ch。安心の「本体2年保証」こだわりの高音質設計&充実の音質調整
前のページ
1ページ
2ページ
3ページ
次のページ