更新情報

「震災時のトランシーバー使用」に関するアンケート結果報告

総務担当者500名に聞く「震災時のトランシーバー使用」に関するアンケート調査を実施
震災直後、会社で電話が通じにくかった事が最も不便 78.2%
電話や電気が使えない時、トランシーバーが役立つと思う 67.8%

JVCケンウッドグループの事業会社であるケンウッドは、1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の社員数100名以上の、BCP(事業継続計画)策定企業とBCP未策定企業の総務担当者各250名、計500名を対象に、「震災時のトランシーバー使用」に関するアンケート調査を行いました。

今回の調査では、東日本大震災の直後、最も不便だったのは「電話が通じにくかった事」で、電話や電気が使えない時、無線機/トランシーバーが役立つと思う方が67.8%いました。
また、無線機/トランシーバー使用企業の53.3%は、震災直後、無線機/トランシーバーを使用したという事や、専門家に防災備品について相談した28.8%の企業の15.2%が、震災後に無線機/トランシーバーを導入し、16.8%がこれから導入を検討しているという事がわかりました。
また、防災意識が高いと自己評価する企業の方が、無線機/トランシーバーを防災備品として導入しているなどの結果が明らかとなりました。

主な調査結果

  • ◆震災直後、最も不便だったのは「電話が通じにくかった事」78.2%。
  • ◆電話や電気が使えない時、トランシーバーが役立つと思う67.8%。
  • ◆トランシーバー使用企業の53.3%は、震災直後、トランシーバーを使用。
  • ◆BCP策定企業の28.8%が、震災後に、専門家に防災備品について相談。
     相談した企業の15.2%がトランシーバーを導入。16.8%がこれから導入を検討。
  • ◆BCP策定企業は防災意識が高いと自己評価。
     防災意識高いと自己評価する企業は、トランシーバー導入傾向が強い。

調査結果の詳細は添付のPDFよりご確認ください。

本件に関するお問い合わせ先

【報道関係窓口】 株式会社JVCケンウッド マーケティング戦略部 宣伝・パブリシティ担当
TEL: 045-444-5306 〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町3丁目12番地
※JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社は、8/1より株式会社JVCケンウッドに社名変更いたしました。

<本資料の内容は報道発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。>

印刷用PDF(163KB)

PDFファイルをご覧になるためには、「Adobe Reader」が必要です。
まだお持ちでない方は、Adobeサイトからダウンロードしてください。